Thoughts

森林浴

昨日、恩師のリサイタルがあり、浜離宮ホールへ。オール北欧プログラムで、デンマークはC.ニールセン、フィンランドはシベリウス、そしてフィンランドの血を引く先生ご自身の作曲された曲、ノルウェーはグリーグを取り上げた渋いプログラムでした。一曲も馴染みのない前半でしたが、一つ一つの音を本当に丁寧に真摯に作り上げていらっしゃる先生のピアノに本当に背筋の伸びる思いで聞き入っていました。ピアノに対する姿勢や生き方までもを問い正された気がして、もっともっとやはりピアノに真剣に向き合わないといけない、とつくづく思わされました。

そして、後半のグリーグの「抒情小品集」。とにかく次から次へと北欧の美しい情景が見えるだけでなく、空気感や色や匂いまでもが感じられる素晴らしい演奏でした。大分前にロシアの有名ピアニストPさんのオール「抒情小品集」プログラムを聴きに行ったことがあるのだが、その時は何てつまらない曲集なんだろう、と思って帰ってきました。きれいなメロディーが並んでいるだけで、最初は何となく気持ちよく聞いていたのだが、10分もすると飽きてしまい、2時間近いコンサートが本当に苦痛となってしまいました。そして、つい最近、偶然なのだが、この作品集が好きな友人が「いつか弾いてほしい」とCDをくれたのだが、やはりあまり面白いとは思えませんでした。

しかし、今回の先生の演奏を聞いて、初めて、この曲の素晴らしさが分かりました。本当に一つ一つの作品は全く違う「抒情性」を持っており、作品ごとにこちらの感じるものも違うので、全く飽きることがありませんでした。昨日は東京は雨で、空もどんよりと黄色い色をしていましたが、グリーグが始まると、一気に透明感のある済んだ空気の中の真っ青な空と緑と深い青い水の情景の中にいるようで、本当に森林浴をしている気分になってしまいました。
何も映像がないのに、音だけでこれだけの情景を作り出せる先生は本当に凄いな〜と感激しました。こんなに素晴らしい先生にずっと習っていたことが本当に感謝で、これからも先生のように真摯にピアノと向き合い、精進しなくては、と思わせて頂けた素晴らしいコンサートでした。

1000人に1人

急に寒くなってしまい、再び鎌倉は金木犀の香りが強くなって来ました(笑)。あの金木犀は気温に反応して香りを出すのかしら?

芸術の秋というだけに、コンサートに行く機会がとても多い。同じクラシック音楽といえども、演奏スタイルは千差万別で、色々と芸術脳が刺激されています。

そんな中、先日サントリーホールのブルーローズで本当に素晴らしいコンサートを聴くチャンスがありました。ロンドンを拠点に活動しているヴァイオリニスト、Rose Hsein(ローズ・シェン)。2年前に友人のピアニストが一緒にコンサートをした時に譜めくりをする機会があって、初めてローズちゃんの演奏を聴いたときに大感動し(2年前のブログにも登場)、また聴けるのを心待ちにしていました。
今回がオフィシャルな日本でのデビューリサイタルでしたが、「音楽とはこんなにも魅力的で面白くて楽しい!」と思わせる素晴らしい演奏でした。情熱的でありながら、それがオーバー過ぎず押し付けがましくない。20代にも関わらず、知性と感性のバランス、品格、そしてリスクを恐れない器の大きさが20世紀初頭の巨匠たちを彷彿とさせる。2年前の初々しさは無くなってしまったが、スケールが大きくなり、華も出て来て、本当に前とはまた違う感動がありました。
後から聞いた話だが、ローズちゃんの先生はロンドンのギルドホール音楽院の教授を30年以上勤めている方だが『千人に一人の才能』と語っているそう。
納得。


6月のコンサート延期

6月に葉山でのコンサートが予定されていたのだが、チラシが出来上がるのが遅く、こちらのウエブサイトでお知らせするのが遅くなっているうちに、主催者の都合で延期となってしまいました。
すでにお知らせしてしまった方、そしてチラシをお渡ししてしまった方がいらっしゃるので、こちらで6月25日は中止となった事をお知らせ致します。

リスケジュールという事なので、また日にちが決まり次第、こちらで告知いたします。

小学校の先生

アメリカに住んでいた時の小学校4年生(になるはずだった)先生は今年で96歳。ここ数年は一年に一回会いに行く約束をしていて、先週も一週間ほどアメリカに行って来ました。
96歳ながら、頭はとてもはっきりしていて、記憶力がずば抜けている。私が前年に会いに行った日付まで覚えていて、話していると自分の方がよっぽど記憶が曖昧なのを、思い知らされます。

ニューヨークに飛び、電車で4時間、先生の住んでいるボストンへ。午前中に会いに行き、お昼を一緒に食べて、先生が疲れたら失礼するつもりが、ここ2年くらいは夕食まで一緒にするという感じで一日、たっぷりと時間を共にするのが恒例になっている。去年暮れの選挙や新大統領、ご家族のことや昔の先生が学生時代だった時の話など、毎年発見もあり、本当に楽しく時間が過ぎて行く。

この先生と会う2日前にはニューヨークで2年生の時の先生とランチをして、本当に小さい時にいかに良い先生たちに恵まれていたかを再認識。初めてこの先生がイタリア系アメリカ人ということを知り、この歳になってもまだまだ発見があって本当に楽しい。お父様が家具職人でケネディー家の家具を作られていた事や小さい時は毎週ラジオで家族でオペラを聴いていらしたことなど、驚きの連続でした。「次に来た時には一緒にオペラに行きましょう!」と誘ってくださり、本当にまた楽しみが増えました。

それにしても、大人になってから出会う人というのは、何となく自分で選んでいたり、きっかけを作ったりしているように思いがちだが、子供の時の出会いを考えると決してそうではなく、本当に「頂いた」ご縁なのだな〜と実感します。

飛行機に乗らないと会えないのが残念だが、遠い国で先生方のような人間的に素晴らしく、心から尊敬できる素敵な人たちに小さい時に出逢えていたことは本当にラッキーだったと思っています。

6年

2017%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A5%88%E9%A1%98%E7%A5%AD_resize.jpg東日本大震災から6年。
今年の鎌倉での東日本大震災追悼・復興祈願祭は鶴岡八幡宮でおこなわれました。
神道、仏教、キリスト教の合同祈願。
お祈りが届きますように。。。

音楽の渦

外に発信、と思いながらも、モタモタしているうちに3月になってしまいました。
1月、2月は周りが少し不安定だったので、自分の気持ちや精神をアップしてくれる事に出来るだけ足を運んで、エネルギー・チャージしていました。
そのお陰で、随分と心情的にも精神的にも変化があったように思います。


%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%90%88%E5%94%B1%E7%A5%AD_resize.jpgそして、昨日それを実践出来るとてもいい機会がありました。
以前にS女学院の合唱の記念コンサートで伴奏をさせて頂いたのですが、今回また声を掛けて頂き、福島県の郡山市での全国合唱祭で、S女学院の卒業生で結成されている合唱団の伴奏をする事になりました。郡山市は合唱の聖地と云われるくらいにコンクールでもバンバン賞を取るらしいのですが、そこに招待されるというのはとても栄誉な事だそう。

2000人のホールはほぼ満席。考えてみたら、今まで弾いた舞台では一番大きなホールでした。そして、ピアノも音響も本当に素晴らしかった。あんなに大きなホールなのに舞台上で自分の弾いている音がよく聞こえるだけでなく、途中で他の合唱団の演奏を聴きに行った3階でも音が膨張したりする事なく、間近で聴いているようで驚きでした。あれはどういう事かしら...?弾いても、聴いても素晴らしいホールでした。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E6%B0%91%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC_resize.jpg伴奏をさせて頂いた合唱団は本当に澄み切ったサウンドで、舞台袖で聴いていた最初の宗教曲2曲はまさに天に昇っていくようでした。あまり昇ってしまうと弾けなくなってしまうので、途中で感動し過ぎないようにブレーキ掛けましたが(笑)。
そして、一緒に弾かせて頂いた曲も、リハーサルではなかなか上手くいかなったところも本番ではバシッと決まり、羨ましいな、とさえ思いました。

最後の全体合唱は圧巻で、ピアノの左には舞台に8団体の合唱団員300人、そして右には観客席の2000人近くに囲まれての「故郷」の大合唱。自分がピアノを弾いているんだか分からない程に音楽の渦に巻き込まれているようで、あんなに大きなホールが一つになっている一体感を味わえた事が本当に幸せでした。

音楽の力は本当に素晴らしい!


喜び

昨年は色々な事を考え過ぎて、うちにうちに閉じこもりがちだったので、ブログを初め、心新たに発信力を強めたいと思っています。

今年の抱負と云うか、目標を『喜び』にしようと思っている。これは楽しく、とかハッピーにというより、常日頃の心構えのような気がします。聖書に「いつも喜んでいなさい」と「いつも感謝しなさい」という言葉があるのだが、全ての事に感謝をする心があれば、そこには喜びが付いて来るように思えて来ました。生きている事だけにでも感謝出来る心があれば、一日一日に喜びは満ちているのではないかしら。。。
「喜び」は目標だけど、するべき事は常に「感謝」の心を持つという事ですね。

Happy New Year!

世界中が平和に向かって助け合い、豊かな一年を迎えられますように!

あまりに久し振り!

あまりに久し振りのブログに自分でもびっくりです。最後に書いたのが4月だったとは。
書きたい事はいつもあるし、書こうとも思ったりもするのだが、それよりも、書く事を阻止していた力が大きく働いていたような気がします。ちょっと、今気持ちがまた切り替わったという事でしょうか。。。

その気持ちの変化を書き出そうとすると、考え込み過ぎてアップ出来ないブログになってしまうので、少し軽くサラッと書けるものから再開です(笑)。

IMG_1019_resize.jpg夏にイギリスのウェールズでコンサートをする機会がありました。以前にフランスで一緒に演奏させて頂いたブリッジ・カルテットとの再共演。8月に一週間程の室内楽の夏期講習があり、コーチングとコンサートをするために行ってきました。Gregynog(グレギノグ)という歴史ある場所での一週間。最初のオリエンテーションで私があてがわれた部屋にゴーストが出ると云われ、すぐに部屋を換えてもらったけれど、広大なガーデンや森があるのに虫も鳥も鳴いていないし、トイレが部屋にないので、夜中にトイレまでのなが〜い廊下を歩かなくてはいけないのだけど、まるで映画《シャイニング》の一シーンのようで、かなり怖かったです(笑)。

Bridge%20concert_resize.jpgそれでも、建物内には4台のグランドピアノ、300人は収容出来るホールやライブラリーがあり、音楽的にも文化的にも本当に充実した時間を過ごせました。毎晩、30分程のコンサートがあり、そのうちの2つに私も参加。一番の目玉はシューマンの五重奏曲。35分の大曲で、ブリッジ・カルテットにとっても私にとっても初めての曲。ウェールズに行く直前にロンドンでもリハーサルをし、ウェールズでも二回リハーサル。ブリッジ・カルテットは20年近く一緒に演奏しているもの同士なので信頼関係が出来ているが、その中に私も入れてもらえるのは本当に光栄。本番の演奏でもその信頼関係が生きて、安全路線に逃げ込む事なく、皆が思いっきりよく弾いていたので、かなりはじけた演奏になった気がします。シューマンには珍しく、音が意外と少ないのにエンターテインメント性の高い曲なので、聴衆も盛り上がって、かなりお得感がありました(笑)。ブリッジ・カルテットと弾くのは本当に楽しく、私にとっては本当にいいコンサートでした。

ブログは久し振りだったけれど、一つ一つのこういう機会や時間が積み重なって、さらに音楽が豊かになっていく事を願って、今も精進しています。

冬の旅

今更ながらだが、シューベルトの「冬の旅」の素晴らしさを再認識。

「冬の旅」は全24曲の歌曲集で80分程の大曲。今まで弾く事も、全曲をコンサートで聴く事もなかったのだが、近々コンサートでのピアノ・パートの譜めくりをする事になり、先週リハーサルで初めて全曲をじっくりと生で間近で聴いて「なんて素晴らしい曲なの〜!」と大感激してしまいました。

%E5%86%AC%E3%81%AE%E6%97%85%E7%B7%B4%E7%BF%92_resize.jpg
そして、よく考えてみると、これから実際にこの曲を演奏する機会はないかもしれないと思い、今回の譜めくりを機会にちょっとだけでも勉強しようと思いました。
早速楽譜を手に入れて、そして20年程前にロンドンでの恩師が出版した際に頂いた、歌の一語一語が対訳で書いてある本を横に置きながら、練習し始めました。

一回聴いただけでも大感激だったが、練習すればする程、本当に素晴らしい曲。(有名な「菩提樹」が意外と難しい。。。)また、詩がとにかく素敵。
若者が失恋し、冬の季節に旅に出る、という一連の詩。甘ったる過ぎない、情の深い言葉が本当に心を打ちます。暗く、テンポの遅い曲想が多いのだが、詩の根底には燃えるような情熱が息づいていて、「若者」の詩だな〜と実感。若い時にしか味わわない、あまりにもパワフルな絶望感を思い出しました。失恋ではないが、20代の時に「この世の終わり」と自分が思ってしまうまでの出来事を経験したので共感が出来る事がいっぱい。時代や国や性別は違えど、やはり名曲は普遍的だな〜と実感。こういう曲が存在している事自体に本当に感謝です。

entries

categories

archives